トイレの水漏れの特徴と対処法

トイレの水漏れの特徴と対処法 トイレで起こる水のトラブルは、給水管からの水漏れ、床から水が滲み出てくる水漏れ、便座やトイレタンク内部で発生する水漏れなどがあります。必ずしも業者に修理してもらう必要がないケースもありますが、自分で修理ができるトラブルなのかを判断するためにも、原因を特定をして適切な措置を行うことが大切です。また、漏れている水の量が少ない場合でも、そのまま放置しておくと状況を悪化させてしまうこともないわけではありません。修理が難しい場合はリフォームが必要になることも考えられるので、ここでトラブルの原因特定だけでもしておくと冷静に対処できます。

■水漏れ個所の特定をしよう

トイレで水漏れが発生する箇所は、給水管などのパイプ、床、トイレタンクの内部などがあります。それぞれの箇所ごとの水漏れの原因ですが、給水管はパッキンの劣化やナットの緩み、床からの水漏れは、排水管とつながっている部分のパテの劣化、便座からの漏れはノズル等の部品の劣化、トイレタンク内部からの漏れは内部の鎖の絡みやフロートを固定している部品の劣化が原因であることが多くなります。
トイレタンク内部の鎖の絡みが原因であれば、修理をせずに手で調整するだけで済む場合があります。給水管のパイプについても、ホームセンター等で販売している補修剤で対応できれば自分で修理できます。しかし、床や便座からの水漏れの場合は、建物や便座そのものの損傷につながることもあるので、できるだけ早めに専門業者に点検してもらう方がいいでしょう。

■給水管の止水栓で水を止める方法
トイレで水漏れが発生した場合は、落ち着いて原因を特定するためにも、まずは止水栓で水漏れを止めた方がいいです。止水栓は、給水側のパイプに設置されていることがほとんどで、マイナスドライバーで時計回りに回すと水が止まるようにできています。
もし、止水栓を見つけることができなかったら、大元の水道の元栓を締めることでも水を止められます。なお、水漏れの場所が特定できないほど水浸しになっているときは、一度きれいに水をふき取り、少しだけ止水栓をゆるめてみると原因の箇所が特定できます。

■便座や床からのトイレ 水漏れが発生してしまったら

便座からの水漏れについては、他の箇所とは異なる注意点があります。現在の便座の多くは電気を使っているので、水と電気の部品が接触するとショートを起こす危険があります。万が一、ショートを起こしてしまったら、便座が破損してしまうことがあるだけでなく、最悪の場合、住宅火災になってしまうこともあります。できるだけ早めにコンセントを抜き取り、その上で止水栓を探すようにしてください。また、床から水が出ている場合は、汚水により悪臭が問題となることがあります。そのため、できるだけトイレの使用を控えるようにして、早めに水道業者に修理を依頼する必要があります。なお、水道業者によっては、当日中に修理対応できない場合もあるので、インターネット上のサービスを利用して、すぐに対応してくれる業者を見つけるのがおすすめになります。

■まとめ
トイレの水の漏れで慌てる必要はありませんが、便座や床下からの水漏れの場合は、他の部位よりも修理が難しいので注意が必要になります。まずは、止水栓か水道の元栓を閉めて水漏れを止め、原因の箇所を正確に特定することを優先させる必要があります。また、給水管の水漏れやタンク内にある部品交換を自分でする場合は、しっかりと作業の手順を理解した上で行うようにしてください。修理方法を間違えてしまうと、水の漏れが止まらないばかりか、修理するための費用が余計にかかってしまうこともあるので、注意するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース